アクセス

コスモ学院では生徒ひとりひとりと志望大学ひとつひとつに合わせた完全合格カリキュラムを組んでいます。
大学別対策の一例を紹介させていただきます。

  • 東大コース

    センター試験に関しては得点率95%を狙う。二次試験対策としては近年、質・量ともに上昇傾向にあり国語力も問われる東大英語、限られた時間の中で確実に獲れる問題を選ぶ選球眼、及び部分点の狙い方も重要な東大数学、日本一といわれる厳しい採点基準の東大国語、そして理系科目・地歴科目の出題傾向の徹底分析指導を行う。

  • 難関国公立コース

    センター試験対策については科目ごとの優先順位を見定め、受験までの限られた日数でいかに必要科目を網羅できるかのアドバイスを行う。二次試験対策に関しては、大学ごとに異なる出題傾向についての対策を講じていき、徹底した記述対策を通じ、「合格答案作成能力」を養っていく。

  • 医学部受験コース

    生命科学、自然科学を含めた医学部入試特有の内容の英語長文の解説、及び他学部受験時とは異なる意味で出てくる医系単語等のレクチャーを行い、かつ最高峰レベルの数学、理科系科目の攻略をはかる。また医学部独特の内容の小論文・面接の指導をマンツーマンで行っていく。

  • 早大コース

    どの科目においても他大入試では見られない独特の癖を持ち、且つ、学部によって全くと言っていいほど出題方式、出題傾向が異なる「早稲田の入試問題」を過去問解説を中心に徹底的に指導していく。特に全国で最もシビアだと言われている「時間設定」の対策にも力を注いでいく。

  • 慶應コース

    出題傾向のみならず、出題形式が学部ごとに異なるため非常に難易度が高いと言われている慶應義塾大入試の対策を実践問題を解きながら行っていく。また、極めて高い読解力・分析力・論述力を求められる「小論文(論述力・論文テスト)」試験の対策をマンツーマンで行っていく。

  • MARCHコース

    記述の出題量が増加傾向にある明治、精読よりむしろ速読の力を求められる英語長文が出題される青山、超難問の出題は少ないもののそのぶん合格最低点が高くミスが許されない立教・中央、意外ともいえる高い実質倍率の法政、といった具合に一言にMARCHという言葉ではくくることのできない各大学の対策を場合によっては絞り込み、場合によっては並行して行っていく。

  • 推薦対策コース

    近年非常に注目されている「AO入試」「公募制推薦」対策のためのコース。学校の指定校推薦にはない、東大を始めとした国公立大学、難関私立大学で年々増加傾向にある推薦入試に向けて、評定アップ(定期テスト対策等)、面接指導、小論文指導など、専門の講師による徹底指導を行っていく。